2014年06月28日

1人ひとりの人生に小夜子が居るかもしれない


自然と、自分自身のこれまでの人生を振り返る。

小夜子に出会うと、自分の生きてきた道筋を思い返す事になるのだ。それと同時に、これからの自分というものにも注目したくなる。



タロットの魔女」と呼ばれる小夜子に人が会いに行くのは、その人が人生のターニングポイントに立っているから。

小夜子はタロットカードというツールを通して助言をするが、決してその人に具体的な指示を出したりはしない。その人の持っているものを引き出し、自分で動くきっかけを与えてくれるのだ。「前進しよう」という思いになったその人は、自ら人生における決断をする事になる。



小夜子に会いに行く「その人」は、多種多様の人間である。時には、政財界の人間が小夜子のもとを訪れるという、その世界では誰もが一目置いている「タロットの魔女」。前篇、後編を読み進めると、実に様々な人たちの人生に出会う事になる。


「タロットの魔女」&「続・タロットの魔女」



小説を読むと、登場人物に自分の心が臨場しているかの様になる。自分自身が、色々な人生経験をするのに近い。心が動かされる小説というのは、そう言うものだと思う。



前篇である「タロットの魔女」に登場するのは、どちらかというと明るい世界に生きている人物が多かった。ただ、小夜子の生い立ちなどがミステリー調に描かれた場面が盛り込まれており、謎めいた雰囲気が漂っている。



後編の「続・タロットの魔女」になると、どこにでも居るような主婦が登場したり、行き当たりばったりという言葉がピッタリの若い女子、トレンディドラマに出て来そうなサラリーマンなど、前篇よりも更にバラエティに富んだ人々が登場するのだ。(友人のSと私も登場する・・・笑)

また、この世には出会いと別れがあるのだと、人との繋がりについて深く考えさせられる。

「こんな場面であなたと出会う事になるなんて!」と言うシーンが複数あるが、パターンは違う。再会が瞬時に喜びに結びつく事もあれば、再会した事に一瞬たじろいでしまう事だってあるのだ。

いずれの人物も小夜子に関わっており、それは良き出来事となって行く。



タロットの魔女」である小夜子自身にも、その人生には大きな別れと衝撃の出会いとがある。彼女は鑑定をしてもらいに来る人たちと、同じ人間なのである。小夜子の、いかにも人間らしい素行に触れると、私の心はほっとした。



人を幸せへと導く小夜子だが、小夜子ファンの私としては、本人にも幸せになって欲しい。小夜子の幸せな気持ちに、私も臨場したいのだ。
どのページも好きだが、「続・タロットの魔女」の最終7ページは、私が納得できる展開になっていて、とても満足している。



そう。小夜子にも、人生のターニングポイントがあって当然なのである。そして、最も手に入れたかった「幸せ」の確認ができた事は、私の気持ちを本当に穏やかにしてくれた。


「タロットの魔女」のサインと「続・タロットの魔女」のサイン:長谷川洋美先生より


私の気持ちにぴったりな、長谷川洋美先生のサイン。

タロットの魔女」にサインとして現れた猫は、優しいほほ笑み。
続・タロットの魔女」にサインとして現れた猫は、今が幸せという笑顔。



2冊の本を改めて手にとり、こんな風に思った。
今の私がこんなに幸せなのは、今の私に必要な人たちと繋がっているからなのだと。

そして、小夜子が他の誰とも同じ一人の人であるように、誰もが誰かの小夜子になり得るのではないかと。

幸せになるために生きようと、毎日を真剣に過ごしていれば、小夜子の居る世界に私たちも生きる事が出来ると思ったのだ。



posted by yoshikachan at 12:46| 小夜子は「タロットの魔女」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。